パトカーが追跡のオートバイ 軽自動車と衝突 運転の男性が死亡

パトカーが追跡のオートバイ 軽自動車と衝突 運転の男性が死亡
13日未明、大阪・寝屋川市の交差点でスピード違反をしたとして警察に追跡されていたオートバイが軽自動車と衝突し、オートバイを運転していた36歳の男性が死亡しました。
13日午前3時半ごろ、寝屋川市池田北町の国道1号線の交差点で250CCのオートバイが軽自動車と出会い頭に衝突しました。

この事故で、オートバイを運転していた大津市に住む36歳のトラック運転手の男性が頭などを強く打ち病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。軽自動車を運転していた50歳の男性も全身を打つけがをしました。

警察によりますと、オートバイは、現場から1キロほど離れた場所でスピード違反をしたとして停止を求められましたが、信号無視をして国道を走り続けパトカーが追跡していたということです。警察が詳しい状況を調べています。

寝屋川警察署の暁和彦副署長は「追跡は適正であったと考えているが、追跡された方が亡くなられたことは大変残念です」とコメントしています。