大相撲初場所 2日目の見どころ

大相撲初場所 2日目の見どころ
大相撲初場所は2日目、2場所連続の優勝を目指す横綱 白鵬は、平幕の遠藤と対戦します。
先場所43回目の優勝を果たした横綱 白鵬は、12日の初日、先場所敗れた新小結 大栄翔を厳しい相撲で退け、平成29年以来の連覇に向けて順調に滑り出しました。

2日目の13日は、前頭筆頭の遠藤と対戦します。

過去の対戦成績は、白鵬が11勝1敗と大きくリードしています。

先場所の取組では、白鵬が立ち合いで左から張ったあと、右からのかち上げで遠藤の動きを完全に封じて勝ち、場所後の横綱審議委員会で苦言が出るなど横綱の取り口が物議を醸しました。

場所前の稽古総見でも相手にかち上げを見せていた白鵬が、遠藤に対してどのような立ち合いを見せるのか注目が集まります。

一方、先場所小結で11勝を挙げた新関脇 朝乃山は前頭3枚目の玉鷲との対戦です。

押し相撲に威力がある玉鷲に対し、朝乃山は過去1勝3敗と負け越しています。

大関昇進への足固めをしたい朝乃山は、優勝経験がある実力者を相手に得意の右四つに持ち込めるかが勝負の鍵を握ります。

2場所連続休場明けの横綱 鶴竜は初日に黒星を喫し、13日は小結 阿炎との一番です。

休場明けとはいえ、初日から連敗となれば一気に暗雲が立ちこめるだけに、まずは今場所初白星を挙げて流れをつかみたいところです。