逮捕の男性 取り押さえ最中に意識なくなり死亡 愛知

逮捕の男性 取り押さえ最中に意識なくなり死亡 愛知
k10012243601_202001130722_202001130724.mp4
12日夕方、愛知県稲沢市でパトカーのサイドミラーを壊したとしてその場で逮捕された57歳の男性が、警察官3人に取り押さえられている最中に意識がなくなり、その後、死亡しました。警察は、取り押さえ方に問題がなかったか調べています。
警察によりますと、12日午後4時50分ごろ、稲沢市祖父江町で近くに住む57歳の男性が停車していたパトカーの左のサイドミラーをつかんでカバー部分を壊しました。

現場にいた稲沢警察署地域課の41歳の巡査長など警察官3人が男性を公務執行妨害の疑いでその場で逮捕しましたが、男性は地面に押さえつけられている最中に意識がなくなったということです。

男性は、釈放されたうえで病院に運ばれましたが、およそ6時間後に死亡しました。

男性は稲沢市内の飲食店であった会合でほかの出席者と口論となり、仲裁に入った警察官に自宅近くまでパトカーで送られ、車を降りた直後だったということです。

警察は、死亡した原因や取り押さえ方に問題がなかったか調べています。