河野防衛相が米へ出発 中東地域情勢など国防長官と会談へ

河野防衛相が米へ出発 中東地域情勢など国防長官と会談へ
k10012243591_202001130017_202001130025.mp4
河野防衛大臣は、アメリカのエスパー国防長官と緊張が続く中東地域情勢などをめぐって意見を交わすため、12日夜、アメリカに向けて日本を出発しました。
河野防衛大臣は、12日から5日間の日程でアメリカを訪問するため、12日夜、羽田空港を出発しました。

河野大臣はまず、ハワイを訪れ、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の、アメリカ軍の試験施設を視察することにしています。

その後、ワシントンを訪れて、近郊にある国防総省で、エスパー国防長官と会談し、緊張が続く中東地域情勢や、現地に派遣される自衛隊とアメリカ軍との連携について意見を交わすことにしています。

さらに、北朝鮮が去年、13回にわたって弾道ミサイルなどの発射を繰り返したことを受け、国連安保理決議の完全な履行に向けた取り組みを確認したい考えです。