中国が台湾・蔡総統再選への日米高官の「祝意」に強く反発

中国が台湾・蔡総統再選への日米高官の「祝意」に強く反発
k10012243501_202001122302_202001122304.mp4
11日行われた台湾の総統選挙で中国に対抗姿勢を示す蔡英文総統が再選され、アメリカや日本などの政府高官が祝意を表したことについて、中国外務省はコメントを発表して強く反発しました。
台湾の総統選挙で与党・民進党の蔡英文総統が過去最多の得票数で再選されたことを受けて、アメリカのポンペイオ国務長官が「再選を歓迎する」と声明を発表したほか、茂木外務大臣も「民主的な選挙の円滑な実施と蔡氏の再選に祝意を表する」とする談話を出すなど、複数の国の政府高官が祝意を表しています。
これについて中国外務省の耿爽報道官は12日コメントを発表し、「『1つの中国』の原則に反しており、強い不満と断固とした反対を表明する」としたうえで各国に厳重に抗議したことを明らかにしました。

さらに「台湾といかなる形であれ、公的なやり取りをすることに反対する」として、各国の動きを強くけん制しています。

また、蔡総統の再選について中国の主要メディアは、国営テレビの12日夜のニュース番組でも一切触れないなど、簡単な報道にとどまっています。

その一方、国営の新華社通信は「狂ったような金のばらまきで票を買った」などと批判する論評記事を配信し、中国政府が蔡総統の再選にいらだちを強めていることがうかがえます。