台湾 最多得票で再選の蔡総統 中国に対等な立場で対話求める

台湾 最多得票で再選の蔡総統 中国に対等な立場で対話求める
k10012243371_202001121950_202001121957.mp4
11日投票が行われた台湾の総統選挙で、中国への対抗姿勢を示す蔡英文総統が過去最多の得票で再選されました。今後、中国とどのように向き合っていくかが焦点となる中、蔡総統は、「平和と対等な立場で互いの違いに対処できれば、いつでも対話に臨みたい」と述べて、中国に対等な立場での対話を求めました。
台湾で、11日投票が行われた総統選挙で、中国への対抗姿勢を示す現職の与党・民進党の蔡英文総統が、過去最多となる800万を超える票を獲得して再選されました。

蔡総統は11日夜、記者会見を行い、「今回の選挙結果は、台湾の人々が主権と民主的で自由な生活を守りたいという価値観を示したものだ」と述べました。

そのうえで、蔡政権が発足してから中国との公的な対話が行われていないことについて、「双方の対話と協議が再開できることを望む。北京の当局が台湾の民意を尊重し、その存在を直視して、平和と対等な立場で互いの違いに対処できれば、いつでも対話と協議に臨みたい」と述べ、中国に対等な立場での対話を求めました。

蔡総統としては、過去最多の得票という民意の後押しを受けて中国に対話の再開を促した形で、今後、中国がこうした呼びかけにどう応えるのか注目されます。

蔡総統「日本は非常に重要な盟友」

11日行われた台湾の総統選挙で再選された蔡英文総統は、一夜明けた12日、アメリカと日本の窓口機関の代表と相次いで会談し、民主主義や自由といった価値観を共有する国々との連携を強めていく考えを示しました。

このうち、アメリカ政府の台湾での代表機関、「アメリカ在台協会」のクリステンセン代表との会談で、蔡総統は、「総統選挙を通じて、台湾の人々は民主主義の価値を全世界に示した。このことは台湾の貴重な財産であり、アメリカとの関係の長期的な安定に向けた基礎となる。安全保障面での協力を進めて、われわれの防衛能力を高めるとともに、経済面でも交流を深めたい」と述べました。

また、日本の台湾との窓口機関、「日本台湾交流協会」の大橋光夫会長との会談で、蔡総統は「台湾としても理念の近い国々との協力を積極的に進めていきたい。日本は非常に重要な盟友であり、経済や文化など各方面で、さらなる交流と協力を進めたい」と述べました。

香港 蔡総統再選を歓迎する声

香港では、抗議活動に参加する人々を中心に、中国への対抗姿勢を示してきた台湾の蔡英文総統を支持する人が多かっただけに、蔡総統の再選を歓迎する声が聞かれました。

このうち、25歳の女性は「台湾の人たちが今回の選挙で民主や自由を勝ち取ることができたことは、よかったと思う。香港はまだ勝ち取ることができていないが、彼らの結果は私たちにとってもうれしいことだ」と話していました。

また、35歳の女性は「蔡英文氏が勝利すれば台湾の民主と自由を守れると思っていたのでとてもうれしい」と話していました。

さらに、22歳の男性は「台湾と香港は同じ価値を求めて、これからも一緒に支持し合っていけると信じている」と話し、今後の連携に期待を示していました。

このほか、7か月以上続く一連の抗議活動で香港の市民が求めているような、直接投票によってトップを選ぶことができる台湾の制度をうらやむ声も多く、「私たちも台湾のように1人1票で行政長官を選べるようになってほしい」と話す人もいました。