拉致被害者 有本恵子さん 還暦の誕生日 家族が祝う

拉致被害者 有本恵子さん 還暦の誕生日 家族が祝う
神戸市出身の拉致被害者、有本恵子さんはきょう60歳になりました。家族が手作りの料理を用意して一刻も早い帰国を願い還暦の誕生日を祝いました。
有本恵子さんは37年前の昭和58年、23歳のとき、ロンドンでの留学を終えてヨーロッパを旅行中に北朝鮮に拉致されました。

恵子さんは12日、60歳、還暦となり、神戸市長田区の自宅で、父親の明弘さん(91)と、恵子さんの姉妹がケーキと手作りの赤飯やハンバーグなどを用意して誕生日を祝いました。

母親の嘉代子さん(94)は体調不良のため入院していて、12日は一緒に祝うことができませんでした。

拉致問題をめぐっては、米朝による非核化をめぐる協議が難航する中、解決の道筋が見えない状態で、帰国に向けた政府の一刻も早い対応が求められています。

明弘さんは「妻と一緒に娘の帰りを待ちたい」と話していました。

姉の尚子さん(61)は「人生の大半を北朝鮮で過ごすことになってしまい、すごく悔しい。早く帰ってきてほしい」と話していました。

恵子さんの思い出の品を公開 ノートにびっしり英語の文章

今回、有本恵子さんの姉の昌子さんと尚子さんが公開したのは、恵子さんの高校や大学の頃の写真や、大学時代、英語の勉強に使っていたノートなどです。

写真はおよそ60枚あり、海外に憧れていた恵子さんがハワイの砂浜で座っている様子や、家族らと京都や和歌山に出かけたときの様子が写っています。

いずれもりんとした表情で、真面目で芯が強かったという恵子さんの性格が写真からもうかがえます。

およそ60ページあるノートには、びっしりと英語で文章がつづられていて、留学の夢に向けて真剣に取り組んでいた様子がうかがえます。

昌子さんは「高校を出てから着々と留学の準備をしていたようで、昼間はアルバイトして、夜は大学に通っていました。ひたすら夢に向かって勉強してたんだと思います」と話しました。

また、自宅からは恵子さんが好きだったイギリスやアメリカのアイドルやバンドなどのレコードおよそ20枚が見つかりました。

いずれも恵子さんが中学生や高校生のころおこづかいで買ったもので、尚子さんは「恵子は洋楽が好きで、コンサートに行っていました。英語を学びたいと大学に進学し、海外に行きたいとよく言っていました」と話しました。

手先が器用だった恵子さんは洋裁教室に通っていました。

昌子さんは恵子さんが自分の結婚式のために作ってくれたピンク色のドレスを今も大切に保管しています。

昌子さんは「子どものころから手のかからないおとなしい子でしたが、一度決めるとやり通す性格でした。このドレスも恵子が提案して布や飾り選びから裁縫まで、時間をかけて作ってくれました。もう1回会って、いろんな話がしたいです」と話していました。