共産 志位委員長 党の綱領改定 中国共産党との違い鮮明に

共産 志位委員長 党の綱領改定 中国共産党との違い鮮明に
共産党は、14日から開かれる党大会で、党の綱領から、中国について社会主義を目指す国とした記述を削除することにしていて、志位委員長はNHKの日曜討論で、中国共産党との立場の違いを鮮明にする考えを示しました。
共産党は、14日から党大会を開き、党の綱領を16年ぶりに改定することにしていて、今の綱領で中国について「社会主義を目指す新しい探究が開始され、21世紀の世界史の重要な流れの1つとなろうとしている」とした記述を削除することにしています。

これについて志位委員長は、12日のNHKの日曜討論で「中国に対する綱領上の規定の見直しを行う。南シナ海や東シナ海で乱暴にふるまい、大国主義や覇権主義がひどくなっている。香港やウイグルに対する人権侵害の問題が深刻化していて、社会主義を目指す国という規定は削除する」と述べ、共産党と中国共産党との立場の違いを鮮明にする考えを示しました。