安倍首相「燃焼し尽くす決意で」自民総裁4期目 重ねて否定

安倍首相「燃焼し尽くす決意で」自民総裁4期目 重ねて否定
安倍総理大臣はNHKの日曜討論で「すべき時が来れば衆議院の解散にちゅうちょしないが全く考えていない」とした一方、自民党総裁として4期目を目指すことには否定的な考えを重ねて示し、「まだ1年9か月もあるので、燃焼し尽くす決意で臨んでいきたい」と強調しました。
この中で、安倍総理大臣は憲法改正について「最近の世論調査でも、『憲法の議論を前に進めよ』との国民の声は大きなものがあり、国会議員は受け止めなければならない。憲法審査会で、与野党の壁を越えて建設的な議論が行われることを強く期待したい」と述べました。

そのうえで、「私自身の手で憲法改正を成し遂げたいという思いには全く揺らぎはない」と述べ、改正に強い意欲を示しました。

一方で、「憲法改正の是非を、衆議院解散の大義として国民に信を問う考えはあるか」と問われたのに対し、安倍総理大臣は「解散は全く考えていない。今まで私の手で2回解散し、幼児教育の無償化などは解散して国民的な支持を得て初めて成し遂げることができた。そういう意味で解散すべき時が来たと思えば、解散することにちゅうちょしないが、現在のところ全く解散は考えていない」と述べました。

また、来年9月末までとなっている自民党総裁任期をめぐり、4期目を目指すかどうかについては「それはもう、本当に考えていない。頭の片隅にもない。去年の参議院選挙で約束したことをしっかりと達成していくことが私の責任だ。まだ1年9か月もあるので、この間に私自身、燃焼し尽くす決意で臨んでいきたい」と強調しました。