観光牧場で飼育の「アルパカ」 新成人を出迎え祝う 栃木 那須

観光牧場で飼育の「アルパカ」 新成人を出迎え祝う 栃木 那須
k10012243061_202001121214_202001121215.mp4
成人式が行われた栃木県那須町で観光牧場で飼育されているラクダの仲間の「アルパカ」が新成人を出迎えて祝いました。
那須町ではふるさとへの愛着を深めてもらおうと、毎年、成人式に地元の観光牧場から「アルパカ」を呼んでいます。

会場の入り口では生まれて8か月の白い毛並みの「令和」と1歳4か月のベージュ色の「メイプル」のメス2頭が首にちょうネクタイをつけて新成人を出迎えました。

成人式には振り袖やスーツ姿の新成人180人が訪れ、アルパカのふわふわした毛をなでたり、一緒に写真を撮ったりしてふれあいを楽しんでいました。

福島県郡山市の専門学校でデザインを学んでいる新成人の女性は「アルパカに帯の飾りをかじられましたが、新鮮に感じられて楽しかったです。ことしは社会人になるので先輩からさまざまなことを学んで貢献していきたいです」と話していました。