ラグビートップリーグ きょう開幕

ラグビートップリーグ きょう開幕
ラグビートップリーグが12日開幕し、ワールドカップ日本大会で史上初のベスト8に進んだ日本代表の選手たちのプレーに注目が集まるとともに、盛り上がりをどう持続させていくか重要なシーズンが始まります。
今シーズンのトップリーグは16チームが総当たりのリーグ戦を5月9日まで行い、勝ち点で優勝を争います。

各チームにはワールドカップを戦った日本代表のうち29人が所属するほか、優勝した南アフリカや強豪、ニュージーランドの代表なども新戦力として加わりました。

このうち2連覇をねらう神戸製鋼は、山中亮平選手など日本代表4人に加え、ニュージーランドの主力、ブロディー・レタリック選手が新たに加入しました。去年2位のサントリーには流大選手や松島幸太朗選手など日本代表5人が所属。6位からの巻き返しをねらうパナソニックは、ウイングとして活躍した福岡堅樹選手など日本代表6人を擁していて、激しい優勝争いが期待されます。

また、ワールドカップの盛り上がりを持続させるためにもいわゆる「にわかファン」を定着させられるかがポイントで、今シーズンは、会場のビジョンでルール解説を映し出すほか、ワールドカップを参考にさまざまな演出も用意されているということです。

12日は東京の秩父宮ラグビー場や東大阪市の花園ラグビー場など全国6か所で、合わせて8試合が予定されています。

トップリーグは、過去最多となる60万人の観客数を目標に掲げています。