台湾総統選 野党 国民党 韓氏が敗北認める

台湾総統選 野党 国民党 韓氏が敗北認める
11日投票が行われた台湾の総統選挙で、先ほど、最大野党・国民党の韓国瑜氏が、支持者を前に敗北を認めました。
今回の選挙は、中国との距離の取り方が最大の争点となり、中国に対抗姿勢を示す与党・民進党の蔡英文総統が再選するのか、中国との関係改善を訴える韓氏が国民党として4年ぶりに政権を奪還するのかが焦点となっていました。

「蔡氏にお祝いの電話、台湾の人たちを幸せにしてほしい」

韓氏は支持者を前に「さきほど蔡英文氏にお祝いの電話をしました。蔡氏には今後4年間、台湾の人たちを幸せにしてほしい」と述べました。