IR汚職事件 マカオ旅費など秋元議員への賄賂総額700万円超か

IR汚職事件 マカオ旅費など秋元議員への賄賂総額700万円超か
k10012242701_202001111912_202001111914.mp4
IR・統合型リゾート施設をめぐる汚職事件で逮捕された秋元司衆議院議員(48)が3年前にプライベートジェットでマカオなどを訪れた際の百数十万円の旅費を、贈賄側の中国企業が負担していた疑いがあることが関係者への取材で分かりました。秋元議員はほかにも中国企業側から講演料として200万円を受け取っていて、東京地検特捜部は秋元議員への賄賂の総額が700万円を超える疑いがあるとみて、捜査を進めているものとみられます。
IRなどを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司容疑者はIR参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から3年前の平成29年9月、現金300万円の賄賂を受け取ったなどとして収賄の疑いが持たれています。

関係者によりますと、秋元議員はこの3か月後の平成29年12月、贈賄側の中国企業が用意したプライベートジェットで中国 深※センにある本社やマカオのカジノ施設などを訪れていましたが、この際の百数十万円の旅費を中国企業側が負担していた疑いがあることが関係者への取材で分かりました。

秋元議員の後援会の政治資金収支報告書には中国企業の元顧問が関係する香港の会社に旅費として256万円を支出したと記載されていますが、実際には支払っていなかった疑いがあるということです。

また秋元議員側には平成29年8月に中国企業が那覇市で主催したシンポジウムの講演料として副大臣就任後に200万円が支払われていて、東京地検特捜部はこうした一連の利益供与が賄賂に当たると判断し、賄賂の総額は700万円を超える疑いがあるとみて、捜査を進めているものとみられます。

弁護士によりますと、秋元議員は容疑を全面的に否認し、旅費については「秘書が処理したと思っていた」と説明しているということです。

※センは「土」へんに「川」