北朝鮮「米朝首脳の関係悪くない」制裁維持する米に譲歩要求も

北朝鮮「米朝首脳の関係悪くない」制裁維持する米に譲歩要求も
北朝鮮は今月誕生日を迎えたキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長がアメリカのトランプ大統領から親書を受け取ったことを明らかにしました。この中で「両首脳の関係が悪くないのは事実だ」としたものの、「米朝対話はアメリカがわれわれの要求をすべて受け入れるという条件でのみ可能だ」として制裁を維持するアメリカに対して譲歩を求めました。
北朝鮮外務省で第1次官を務めたキム・ケグァン顧問は11日午後、国営の朝鮮中央通信を通じて談話を発表し、今月8日に誕生日を迎えたキム・ジョンウン委員長がアメリカのトランプ大統領から親書を受け取ったことを明らかにしました。

この中で、「キム委員長とトランプ大統領の関係が悪くないのは事実だ」として、両首脳が良好な関係を維持しているとしました。

ただ、「こうした関係をもとに、われわれがアメリカとの対話に復帰すると期待するのはまぬけな考えだ。再び米朝対話を行おうとするならば、アメリカがわれわれの要求をすべて受け入れるという条件でのみ可能だ」として、制裁を維持するアメリカに対して譲歩を求めました。

一方、これに先立って韓国政府高官はトランプ大統領と面会してキム委員長へのメッセージを受け取り、北朝鮮側に伝達したことを明らかにしていました。

これについてキム顧問は談話の中で、「米朝両首脳の間に特別な連絡チャンネルがあることをまだ知らないようだ。米朝の間に割り込もうとせず、自重するのがいいだろう」と述べ、韓国政府の仲介は必要ないという考えを強調しました。