中日 新人合同自主トレ ドラフト1位石川昂弥ら7人参加

中日 新人合同自主トレ ドラフト1位石川昂弥ら7人参加
プロ野球 中日の新人選手の合同自主トレーニングが始まり、愛知 東邦高校からドラフト1位で入団した石川昂弥選手は「いちばんいい状態でキャンプに入れるようにしっかり取り組みたい」と意欲を示しました。
中日の新人選手の合同自主トレーニングは、ドラフト1位の石川選手など育成選手も含め7人全員が参加して11日、ナゴヤ球場で始まりました。

与田監督も視察に訪れた中、選手たちはランニングやキャッチボールなどに時折、笑顔も見せながら取り組んでいました。

午後は室内練習場で練習し、高校通算55本のホームランを打っている石川選手はバッティング練習で力強いスイングを見せていました。

石川選手は「与田監督も見ている中で非常にいい緊張感で練習ができてよかった。キャンプにいちばんいい状態で入れるようにしっかり取り組みたい」と意欲を示しました。

与田監督は「全員表情が明るかったので安心した。将来、チームの中心になる卵たちなので自分にもプレッシャーがかかるが、大事に育てていきたい」と話していました。

新人選手は今月28日まで合同自主トレーニングを続け、来月1日からのキャンプに備えます。