新成人が決意のバンジージャンプ 高さ100m 抱負を叫ぶ 茨城

新成人が決意のバンジージャンプ 高さ100m 抱負を叫ぶ 茨城
k10012242431_202001111243_202001111252.mp4
13日の「成人の日」を前に、茨城県常陸太田市では、新成人が高さ約100メートルのつり橋の上から抱負を叫んでバンジージャンプを行う催しが開かれました。
この催しは茨城県常陸太田市の竜神大吊橋で毎年、成人の日の前後に開かれていて、11日は地元の新成人の男女合わせて10人が参加しました。

新成人たちは湖の水面から約100メートルの高さにあるジャンプ台でバンジージャンプのやり方などについて指導を受けたあと、専用のベルトをつけてジャンプに臨みました。

順番が来た新成人は「格好いい大人になるぞ」とか「好きな仕事を頑張る」などと思い思いの抱負を叫んでから湖面に向かって飛び降り、終わったあとは歓声をあげたり、友人と抱き合ったりして喜びを分かち合っていました。

参加した女性の1人は「飛ぶ前はとても怖かったけど、自分の殻をやぶれたと思います。すてきな大人になれるように頑張っていきたいです」と話していました。