東日本大震災8年10か月 語り部男性「避難所が安全か確認を」

東日本大震災8年10か月 語り部男性「避難所が安全か確認を」
k10012242401_202001111219_202001111220.mp4
東日本大震災の発生から11日で8年10か月です。仙台市にある震災の伝承施設では、津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市を写真で記録し続けている男性が、避難所の安全を事前に確認しておくことなどの教訓を語りました。
仙台市若林区にある震災の伝承施設「せんだい3.11メモリアル交流館」では、津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市の当時の様子やその後の復興の状況を写真で記録し続け、語り部としても活動している釘子(くぎこ)明さんが講演しました。

釘子さんは、津波が押し寄せた市街地など約200枚の写真を壁一面に展示し、避難所となっていた体育館で100人以上が犠牲になったことに触れ、自分が避難する避難所がどこにあるのかや、その場所が安全かどうかをもう一度確認してほしいと呼びかけていました。

講演を聞いた40代男性は「津波でこれほど多くのものが流されたことに改めて考えさせられました。避難所の安全を確認したいと思います」と話していました。

釘子さんは「まさか自分が災害に遭うとは思わなかった。各地で災害が相次ぎ『まさか』ではすまされない状況なので、自分のこととして考えてほしい」と話していました。