台湾総統選 投票進む 最大争点「中国との距離」今夜大勢判明へ

台湾総統選 投票進む 最大争点「中国との距離」今夜大勢判明へ
k10012242331_202001111210_202001111212.mp4
台湾では総統選挙の投票が行われていて、中国との距離の取り方を最大の争点に中国に強い姿勢を示す与党・民進党の蔡英文総統が再選するのか、中国との関係改善を訴える最大野党・国民党の韓国瑜氏が政権を奪還するのかが焦点です。
任期満了に伴う台湾の総統選挙には再選を目指す与党・民進党の蔡英文総統(63)と、南部・高雄の市長で最大野党・国民党の韓国瑜氏(62)、それに少数野党・親民党トップの宋楚瑜氏(77)の3人が立候補していますが、事実上、蔡総統と韓氏の2人の争いになっています。

投票は日本時間の午前9時から1万7000か所余りで行われています。民進党の蔡総統は、北部の新北で投票を行ったあと、記者団に対し、「多くの人に投票に行ってもらい、権利を行使して台湾の民主主義を強固なものにしてほしい」と述べました。

一方、国民党の韓氏は、南部の高雄の投票所で1票を投じ、記者団に対し、「ありがとう」とだけ述べて投票所をあとにしました。

今回の選挙の最大の争点は将来の台湾統一を目指す中国との距離の取り方で、中国に強い姿勢を示す蔡総統が再選するのか、中国との関係改善を訴える韓氏が政権を奪還するのかが焦点です。

また台湾の議会にあたる立法院の選挙も行われ、与党・民進党が過半数の議席を維持できるかにも注目が集まっています。

投票は日本時間の午後5時に締め切られ、11日夜中にも総統選挙の大勢が判明する見通しです。