中国 武漢 原因不明の肺炎で61歳男性死亡 初の死者か

中国 武漢 原因不明の肺炎で61歳男性死亡 初の死者か
k10012242321_202001111210_202001111213.mp4
中国内陸部の湖北省武漢で先月以降、相次いで見つかっている原因不明の肺炎の患者について、地元当局は61歳の男性が死亡したと発表しました。この肺炎の患者で死者が出たのは初めてとみられます。
中国内陸部の湖北省武漢では、先月以降、原因となる病原体が特定されていない肺炎の患者が相次いでいて、WHO=世界保健機関は、患者の症状などから、原因は新型のコロナウイルスの可能性が否定できないと指摘しています。
これについて武漢の保健当局は11日、この肺炎の患者がこれまでに41人にのぼり、このうち61歳の男性が死亡したと発表しました。この肺炎の患者で死者が出たのは初めてとみられます。さらに7人が重症だとしています。
武漢でこの肺炎の患者が最初に確認されたのは先月8日で、今月3日以降、新たな患者は発生していないほか、患者と接触があった人を含め、これまでに人から人への感染は確認されていないとしています。
地元当局は死亡した男性を含め、患者の多くが現地の海鮮卸売市場の関係者だったことから、この市場の営業を停止させるとともに、特に農産物を扱う市場について衛生管理を徹底させるなど対策を強化しているということです。

厚生労働省は、武漢からの帰国者でせきや発熱などの症状がある場合は速やかに医療機関を受診し、渡航歴を申告するよう呼びかけています。