自衛隊の哨戒機 きょう中東に出発 20日から情報収集活動

自衛隊の哨戒機 きょう中東に出発 20日から情報収集活動
緊張状態が続く中東地域への自衛隊の派遣命令を受け、11日、哨戒機2機が日本を出発します。哨戒機は、日本関係船舶の安全を確保するため、今月20日から情報収集活動を開始します。
中東情勢の緊張が続く中、河野防衛大臣は、10日、自衛隊の護衛艦1隻と哨戒機2機の派遣を命令しました。

これを受けて、沖縄県の海上自衛隊那覇航空基地のP3C哨戒機2機が11日出発することになっていて、河野大臣も那覇基地で訓示し、出発を見送ることにしています。

そして、日本関係船舶の安全を確保するため、アフリカ東部のジブチを拠点に、今月20日から、アデン湾を中心に、不審な船がいないかなど、情報収集活動を開始することにしています。

また、来月2日には、ヘリコプターを搭載する護衛艦「たかなみ」が、神奈川県にある横須賀基地から出港する予定です。

今回の派遣について、河野大臣は「緊張が高まっているからこそ、情報収集を強化しなければならない」と述べ、原油や天然ガスの安定的な輸入を確保するためのものだとして、必要性を強調しています。

一方、野党側は「年末の閣議決定の時とは状況が変わり危険性も高く、派遣を中止すべきだ」と主張していて、来週17日の閉会中審査や、20日召集の通常国会で議論が行われる見通しです。