北日本 日本海側中心に猛吹雪のおそれ

北日本 日本海側中心に猛吹雪のおそれ
発達した低気圧の影響で、北海道では雪を伴って非常に強い風が吹いているところがあります。4日夜にかけて北日本の日本海側を中心に猛吹雪のおそれがあり、気象庁は暴風や高波、猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますとオホーツク海に発達した低気圧があって日本付近は冬型の気圧配置が強まっています。

北海道では風が非常に強まり、留萌市で午前4時すぎに26.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

強い冬型の気圧配置が続くため、北日本の日本海側を中心に今夜にかけて雪を伴って非常に強い風が吹き、海上は5日にかけて大しけが続く見込みです。

5日にかけての最大風速は、北海道で23メートル、東北で20メートル、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達すると予想されています。

また、波の高さは6メートルと大しけが続く見込みです。

日本海側を中心に雪も強まり、5日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで北海道と東北で50センチ、その後、6日朝までの24時間には東北で40センチから60センチ、北海道で20センチから40センチの雪が降ると予想されています。

気象庁は暴風や高波のほか、猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

北海道内5市町で40校が休校

北海道教育委員会によりますと、暴風などの影響で室蘭市や登別市など北海道内の5つの市と町では、4日、公立の小中学校と高校、合わせて40校が臨時休校となりました。