巨人 岡本 1億4000万円で契約更改 6年目で大台突破

巨人 岡本 1億4000万円で契約更改 6年目で大台突破
プロ野球・巨人で2年連続となるホームラン30本以上を達成した岡本和真選手が、推定で6000万円アップの1億4000万円で来シーズンの契約を更改しました。巨人の高校卒業の選手では、松井秀喜さん、坂本勇人選手の5年目に次ぐ6年目のシーズンでの大台突破になりました。
岡本選手は今シーズン、主に4番として全試合に出場し、打率2割6分5厘、94打点、ホームランは31本で、33本を打った昨シーズンに続いて2年連続でホームラン30本以上をマークして、チームの5年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。

岡本選手は3日、東京都内の球団事務所で契約更改の交渉を行い、推定で6000万円アップの1億4000万円で来シーズンの契約を結びました。巨人の高校卒業の選手では、松井さんと坂本選手の5年目に次ぐ6年目での大台突破となりました。

岡本選手は会見で「僕としてはいい1年だった。技術的にもメンタル的にもいろいろな人に助けてもらいながら成長できた」と振り返りました。

また、全試合出場の中に7月に調子を落とし、代打での出場が1試合あったことについて「来シーズンはキャリアハイは目指すが、オフの間にまずは全試合出られるような体作りをしたい」と話していました。

一方、広島からFA=フリーエージェントで巨人に移籍した丸佳浩選手も契約更改の交渉を行い、5年契約の2年目となる来シーズンも現状維持の推定年俸4億5000万円で更改しました。