不正ホイール販売の疑いで逮捕の3人 不起訴に 名古屋地検

不正ホイール販売の疑いで逮捕の3人 不起訴に 名古屋地検
安全基準を満たしていない車のタイヤホイールを販売したとして、不正競争防止法違反の疑いで逮捕された福岡県の自動車部品販売会社の社長ら3人について、名古屋地方検察庁は不起訴にしました。
福岡県苅田町の自動車部品販売会社「オートウェイ」の社長や取締役ら合わせて3人は、去年7月から11月ごろにかけて国の安全基準を満たしていないのに、満たしていることを証明するマークが付いたタイヤホイール14本を販売したとして、先月、不正競争防止法違反の疑いで愛知県警察本部に逮捕されました。

警察によりますと、調べに対し、いずれも容疑を否認していたということです。

この3人について名古屋地方検察庁は3日、不起訴にしました。不起訴の理由は明らかにしていません。