日本ハム 近藤 年俸1億5000万円 3年契約で更改

日本ハム 近藤 年俸1億5000万円 3年契約で更改
プロ野球、パ・リーグで最高出塁率のタイトルを獲得した日本ハムの近藤健介選手が契約を更改し、推定で5000万円アップの年俸1億5000万円に出来高払いを加えた内容で、来シーズンから新たに3年契約を結びました。
プロ8年目で26歳の近藤選手は、138試合に出場してリーグトップとなる4割2分2厘の出塁率をマークして、最高出塁率のタイトルを初めて獲得しました。

また先月行われた東京オリンピックの前哨戦、国際大会の「プレミア12」でも日本代表としてプレーし、初優勝に貢献しました。

近藤選手は札幌市豊平区の球団事務所で契約更改の交渉を行い、推定で5000万円アップの年俸1億5000万円に出来高払いを加えた内容で、来シーズンから新たに3年契約を結びました。

近藤選手は「ファイターズにいたいという気持ちが強かったので、いい契約ができたと思う。来シーズンは、個人としては首位打者を取るために打率3割5分、チームとしてはリーグ優勝、日本一を取れるよう、若い選手を引っ張っていきたい」と話していました。

東京オリンピックに向けては「プレミア12では特別な経験ができたが、東京オリンピックは今回以上に盛り上がると思う。日本代表に選ばれるように、来シーズンは開幕から飛ばしていきたい」と意気込みを示していました。