プレステ 据え置き型でギネス世界記録に認定 発売から25年

プレステ 据え置き型でギネス世界記録に認定 発売から25年
k10012200731_201912031942_201912031944.mp4
ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション」が1994年の発売からきょうで25周年となり、記念のイベントが開かれました。
プレイステーションは1994年の12月3日に発売され、今のプレイステーション4は、世界120以上の国や地域で販売されています。

3日は25周年を記念するイベントが都内で開かれ、シリーズの累計販売台数が合わせて4億5019万台に上りこれまでに最も多く売れた据え置き型のゲーム機として、ギネス世界記録に認定されたことが発表されました。

そして、ソニーの元幹部で「プレイステーションの生みの親」と呼ばれる久夛良木健さんが登壇し、「長きにわたってゲームを楽しんでくれている全世界のユーザーに感謝している。さらなる大躍進を楽しみに見守っていきたい」と述べました。

技術進化 プレステの25年

ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション」は、初代の機種が25年前の1994年に発売されました。
任天堂の「スーパーファミコン」の発売の4年後にあたり、ゲームソフトを収録するメディアとしてCDーROMを採用したことや3Dグラフィックスの性能が高いことなどが特徴でした。「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」といった人気のゲームシリーズを取り込み、シェアを伸ばしました。
2000年に発売された「プレイステーション2」は、高度な画像処理を行う半導体を東芝と共同開発して表現能力を高め、インターネットを通じたオンラインゲームにも対応しました。
2006年にはハイビジョン画質の「プレイステーション3」が発売されました。
2013年に登場した今の「プレイステーション4」では、ゲーム中の動画をSNSに投稿できるようにするなど、ネットワーク機能が強化されました。

プレステ5 来年の年末商戦に発売予定

また、次世代機の「プレイステーション5」は、来年の年末商戦に発売予定で、高精細の8K画質に対応するほか、コントローラーに新たな振動機能を取り入れて、これまで以上に多彩な反応を手で感じられるとしています。

家庭用ゲーム機 新たな競争も

一方、ゲームをめぐってはスマートフォン向けの市場が伸びているほか、アメリカのグーグルが先月専用のゲーム機を必要としないストリーミング配信に参入するなど新たな競争が起きていて、据え置き型の家庭用ゲーム機の今後の販売にどのような影響が出るか、注目されています。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアン社長は「新規参入は業界も盛り上がるので歓迎だ。プレイステーションは多くの人に愛されていて、ハードウエアの重要性は疑う余地がない」と述べ、今後の成長に自信を示しました。

また、「プレイステーション」は中国などで生産されていますが、米中の貿易摩擦が激しさを増す中、アメリカ政府は、今月15日にも中国からアメリカに輸入されるゲーム機に対して高い関税を上乗せする計画で、ことし6月には日頃はライバル関係にあるソニー、任天堂、マイクロソフトが連名で対象品目から除外するよう要請しました。