東京 足立区の河川敷にイノシシ出現 注意呼びかけ

東京 足立区の河川敷にイノシシ出現 注意呼びかけ
k10012200671_201912031755_201912031756.mp4
3日昼すぎ、東京 足立区の河川敷でイノシシ1頭を目撃したという通報が相次ぎました。イノシシは現在も周辺にいるということで警視庁などが捕獲の準備を進めるとともに付近の住民に近寄らないよう注意を呼びかけています。
警視庁によりますと3日正午過ぎごろから、東京 足立区の荒川にかかる江北橋付近などで体長およそ1メートルほどのイノシシ1頭が逃げ回っているという通報が相次ぎました。

イノシシは現在も捕獲されておらず、夕方、NHKのヘリコプターで撮影した映像では河川敷を走りまわる様子が映されています。

これまでのところ、けが人は確認されていないということですが、警視庁が足立区役所と協力して捕獲する準備を進めています。

区では2日からイノシシを目撃したという情報が相次いで寄せられていて、ホームページなどを通じて「イノシシらしき動物を見かけた場合は決して近寄らず身の安全を確保してほしい」と注意を呼びかけています。