新幹線内殺傷事件の被告「窓側の人を確実に殺せるよう計画」

新幹線内殺傷事件の被告「窓側の人を確実に殺せるよう計画」
去年6月、神奈川県内を走行していた東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人を刃物で殺傷したとして殺人などの罪に問われている23歳の被告の裁判で、被告は「事前に計画を立て、窓側の人を確実に殺せるよう、2人掛けの通路側の席を取った」などと述べました。
住所不定、無職の小島一朗被告(23)は、去年6月、神奈川県内を走行していた東海道新幹線の車内で乗客の男女3人をなたなどで切りつけ、兵庫県尼崎市の会社員、梅田耕太郎さん(当時38)を殺害し、女性2人にけがをさせたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われています。

3日は横浜地方裁判所小田原支部で被告人質問が行われ、弁護士が事件のいきさつを尋ねたのに対し、被告は「去年3月、長野県でホームレスをしていた時に『刑務所に入りたい』と考え、計画を立てた。

死刑にはならないよう殺害する人数は2人までにしようと考えていた。窓側の人を確実に殺せるよう2人掛けの通路側の席を取った」などと述べました。

さらに「走行時間が長い新横浜と名古屋の間で事件を起こすことにした」とも述べました。

また、これに先立って、新幹線の車掌長だった男性の証人尋問も行われ、男性は「2、3メートルの距離から『やめてください』などと叫ぶように声をかけたが、被告はなたをふり下ろす手を止めなかった」と当時の状況を証言しました。