東久留米強盗殺人事件 逮捕の男は空き巣の手口調べ偽装か

東久留米強盗殺人事件 逮捕の男は空き巣の手口調べ偽装か
東京 東久留米市の住宅で55歳の男性が殺害され、同居していた女性の次男が逮捕された事件で、次男の携帯電話を解析した結果、空き巣に入るための手口を調べていたことが捜査関係者への取材で分かりました。住宅の窓には火を使って焼き切られた跡があり、警視庁は第三者が侵入したように偽装するために調べたとみて捜査しています。
先月、東京 東久留米市の住宅で、この家に住む会社員の二岡一浩さん(55)が30か所以上刺されるなどして殺害されているのが見つかり、警視庁は同居していた女性の次男の三ツ本寛己容疑者(28)を強盗殺人の疑いで逮捕しました。

これまでの調べで、1階のリビングの窓には、鍵の周囲に火を使って焼き切られた跡があったことが分かっていますが、次男のスマートフォンを解析した結果、こうした空き巣に入るための手口を調べていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

「焼き切り」というキーワードで検索していたということで、窓ガラスに熱を加えて割って侵入する手口だということです。

警視庁は第三者が侵入して窃盗事件を起こしたように偽装するために調べたとみて捜査しています。

容疑者 事件当日の行動は

警視庁の捜査で、三ツ本容疑者の事件当日の動きが分かってきました。

捜査関係者によりますと、三ツ本容疑者が住むマンションの防犯カメラには、事件当日の先月8日の未明に外出する姿が写っていたということです。

そして自転車で現場の住宅に向かう姿が現場近くの防犯カメラに写っていたほか、その後、近くのコンビニのカメラには現場から自宅に向けて戻る姿が記録されていたということです。

そして、8日の明け方には、自宅に戻っていたということです。

警視庁の任意の調べに対し「近くのコンビニに行っていた。酒を飲んでいてよく覚えていない」と説明していたということです。

そして、午前11時半すぎ、二岡さんの勤務先から「出勤してこない」と、同居していた三ツ本容疑者の母親らに連絡がありました。

二岡さんは三ツ本容疑者の母親と妹と暮らしていましたが、2人は先月2日から9日までイタリア旅行に出かけていて不在でした。

このため、三ツ本容疑者が午後1時半ごろ確認に訪れ、「玄関の窓が割れている」と通報していました。

その様子を見たという20代の男性は「『窓ガラスが割られている』と助けを求める声がしたので行ってみると、息子さんが道路にひざまずいていた。気がまいっているように見え、家の中は見ていないと話していた。息子さんは警察を呼びながら母親とも電話していて、『強盗かな?何があったんだろう』と話すのが聞こえた」と話していました。