クリスマスプレゼント スポーツテーマのおもちゃが注目

クリスマスプレゼント スポーツテーマのおもちゃが注目
子どもたちにとってクリスマスのいちばんの楽しみといえるプレゼント。来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、都内のおもちゃ売り場では、スポーツをテーマにしたおもちゃなどが注目を集めています。
東京・豊島区のおもちゃ売り場では、早くも先月初旬に店内のレイアウトを変更し、現在は本格的なクリスマス商戦の時期を迎えています。

店によりますと、ここ数年人気が続いているのが、遊びながら学べる「知育玩具」です。中でも、来年度からすべての小学校で「プログラミング教育」が必修になることを受け、プログラミングを学ぶことができる子ども向けのノートパソコンに注目が集まっていて、1万円から2万円ほどの商品が人気だということです。

また、来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、スポーツをテーマにしたおもちゃも話題を集めています。

このうち、来年の東京オリンピックの新競技、「スポーツクライミング」の種目の一つ、「ボルダリング」を楽しめるおもちゃは、レバーを操作して人形に壁を上らせ、かかった時間を競うもので、店によりますと、週に数個のペースで売れているということです。

また、長年人気を集めているボードゲームでも、さまざまなスポーツを習得して表彰台を目指すという内容の新しいバージョンが発売されています。

マラソンや水泳、バドミントンなど100種類のスポーツが扱われていて、地区大会や全国大会を経て国際大会で表彰台の頂点を目指す内容になっています。

おもちゃ売り場のアシスタントストアディレクター、秋山洋輔さんは「ことしのラグビーワールドカップ、そして来年の東京オリンピック・パラリンピックとスポーツのイベントが続き、おもちゃでも注目が高まっているので、家族で楽しく遊んでもらいたいです」と話していました。