福岡県立高校の教諭 推薦入試をめぐり受託収賄の疑いで逮捕

福岡県立高校の教諭 推薦入試をめぐり受託収賄の疑いで逮捕
k10012200561_201912031736_201912031738.mp4
福岡の県立高校の教諭が、高校のスポーツ推薦の入試で受験生に便宜を図る見返りに商品券などを受け取ったとして逮捕され、捜査関係者への取材で「自分がほしい受験生を、合否を決める校長に進言できた」などと供述していることがわかりました。警察は福岡県教育委員会が入る県庁を捜索し、調べを進めています。
福岡県直方市の本田竜大容疑者(40)は4年前、県立八幡南高校の教諭でサッカー部の顧問をしていた際、高校のスポーツ推薦の入試で、特定の受験生を推薦するよう便宜を図る見返りに、受験生の父親から商品券10万円分や5万円相当の飲食の接待を受けたとして、受託収賄の疑いで逮捕されました。

警察は3日、入試結果などを調べるため福岡県教育委員会が入る県庁を捜索しました。

教育委員会によりますと、県立高校の推薦入試の合否は、校長の権限で決定するということですが、本田教諭が警察の調べに対し「自分がほしい受験生を校長に進言でき、推薦入試に一定の影響力を持っていた」などと供述していることが、捜査関係者への取材でわかりました。

また、本田教諭は受験生の父親から依頼を受け、中学校側に推薦入試の願書を出すよう促したということです。

警察は推薦入試で一定の影響力がある立場を利用して、受験生の合格を働きかけたとみて捜査しています。