東急プラザ渋谷 5日に再開業 健康・美容店舗に「終活」相談も

東急プラザ渋谷 5日に再開業 健康・美容店舗に「終活」相談も
k10012200411_201912031737_201912031740.mp4
建て替えが進められてきた「東急プラザ渋谷」で、5日の開業を前に内覧会が開かれました。「若者の街」として知られる渋谷ですが、「大人の世代」を呼び込もうと人生の最期に向けた「終活」の相談窓口のほか、健康や美容に関する店舗が数多く入る施設に生まれ変わりました。
「東急プラザ渋谷」は再開発の一環で4年前に一時休業し、地上18階、地下4階の複合ビルに建て替えられ5日に開業します。

新しい施設は「大人の世代」をターゲットにしていて、人生の最期に向けた準備、いわゆる「終活」相談窓口やオーダーメードで老後の旅行プランを組める旅行会社などが入ります。

また、専門の相談員が漢方薬を調合する店舗や症状に合わせて、30種類余りから選べる目薬の専門店、アンチエイジングのマッサージが体験できるコーナーなど、健康や美容に関する店舗が数多く入ります。

また、屋上のレストランでは観光スポットとして人気が高い渋谷スクランブル交差点を眺めながら食事を楽しめます。

東急プラザ渋谷の長尾康宏総支配人は「若者や外国人だけでなく大人も呼び込めば、さらに渋谷の多様性が出るので大人が楽しめる場所にしたい」と話していました。

再開発が進む渋谷では先月、ファッションビルの渋谷パルコがリニューアルされたほか、高さ230メートルの渋谷スクランブルスクエアの東棟が開業するなど、街の姿が大きく変わろうとしています。