国民民主党の中堅若手議員「立民と合流に向け協議を」

国民民主党の中堅若手議員「立民と合流に向け協議を」
次の衆議院選挙に向けて、野党勢力を結集させたいとして、国民民主党の中堅・若手の衆議院議員が、年内に立憲民主党などと合流に向けた協議に入るよう玉木代表ら執行部に申し入れました。
国民民主党は、今の国会から、衆・参両院で、立憲民主党などと国会の会派を合流させて論戦に臨んでいます。

こうした中、津村副代表や奥野・国会対策委員長代行ら、中堅・若手の衆議院議員17人が、国会内で会合を開き、次の衆議院選挙に向けて、野党勢力を結集させたいとして、会派の枠組みで党を合流させるべきだという認識で一致しました。

このあと党の衆議院懇談会で、津村氏らは、年内に立憲民主党などと合流に向けた協議に入るよう、玉木代表ら執行部に申し入れました。

これに対し、平野幹事長は、党内で意見を聞く場を設ける考えを示したということです。

懇談会のあと、津村氏は、記者団に対し「日を改めて、われわれ衆議院議員の中堅・若手の思いを聞く場を設けてもらう」と述べました。

また、奥野氏は「野党として大きなかたまりを作り、政権を取りにいくという一点に尽きる」と述べました。