日経平均株価 一時300円以上値下がり

日経平均株価 一時300円以上値下がり
3日の東京株式市場、株価は一時300円以上値下がりするなど大きく値下がりしています。アメリカと中国の貿易交渉の不透明感が増していることなどから幅広い銘柄で売り注文が広がっています。
市場関係者は「アメリカと中国の貿易交渉の先行きに対する懸念が依然として広がっていて、このところ値上がりしていた銘柄を売って利益を確保する動きが出ている。また、2日に発表されたアメリカの製造業の景況感を示す経済指標が予想を下回り、世界経済の減速への警戒感も強まっている」と話しています。