日経平均株価 300円超の値下がり

日経平均株価 300円超の値下がり
3日の東京株式市場は取引開始直後から売り注文が膨らみ、日経平均株価は、300円を超える値下がりとなっています。アメリカと中国の貿易交渉の不透明感が増していることや、2日に発表されたアメリカの製造業の景況感を示す経済指標が予想を下回り、世界経済の減速への警戒感が強まっているためです。