米大統領 鉄鋼などの関税上乗せ措置 ブラジルアルゼンチンにも

米大統領 鉄鋼などの関税上乗せ措置 ブラジルアルゼンチンにも
k10012199831_201912030846_201912030854.mp4
アメリカのトランプ大統領は、鉄鋼とアルミニウムの輸入を制限するため関税を上乗せする措置をブラジルとアルゼンチンにも適用する方針を明らかにしました。この2か国が通貨安を背景に農産品などの輸出を拡大していることに反発しているものとみられます。
トランプ大統領は2日、ツイッターに「ブラジルとアルゼンチンからのすべての鉄鋼とアルミに関税をかける」と投稿し、去年3月に中国や日本などを対象に発動した鉄鋼とアルミニウムに関税を上乗せする措置を、この2か国にも適用する方針を明らかにしました。

そのうえで、トランプ大統領は「ブラジルとアルゼンチンは大幅に通貨が下落しているのに対策を講じていない。これはアメリカの農家によくないことだ」と述べています。

この2か国が通貨安を背景に、中国などへの農産品の輸出を拡大し、アメリカの農家が打撃を受けているとして反発しているものとみられます。

一方、トランプ大統領はツイッターに「FRB=連邦準備制度理事会はもっと利下げをしなさい」と投稿し、ドル高を是正するため、一段の利下げを求めました。