小池知事 8都立病院を独立行政法人化 都議会で所信表明へ

小池知事 8都立病院を独立行政法人化 都議会で所信表明へ
k10012199641_201912030813_201912030821.mp4
東京都議会は、3日、定例会が開会します。東京都の小池知事は所信表明で、経営形態の検討を進めてきた8つの都立病院について、「これまで以上に安定的な経営基盤を確立し、地域医療を充実させる」などとして、独立行政法人化することを明らかにする方針です。
東京都議会の定例会は3日午後1時から始まる本会議で開会し、小池知事が所信表明を行う予定です。

所信表明案によりますと、小池知事は経営形態の検討を進めてきた8つの都立病院について、有識者らでつくる経営委員会からの提言も踏まえ、「これまで以上に安定的な経営基盤を確立し、引き続き地域医療を充実していかなければならない」などとして、独立行政法人化することを明らかにする方針です。

そのうえで、独立行政法人化することで、医療人材を安定的かつ柔軟に確保できるほかより機動的な運営が可能になるとして、東京都保健医療公社の病院も都立病院と一体的に独立行政法人への移行を進める考えも表明することにしています。

このほか、猛暑や豪雨が相次ぐ都内の気候変動の影響を踏まえ、災害、健康、農業などの分野で被害を回避・軽減するための考え方を示す「気候変動適応方針」を策定することも明らかにする方針です。

都議会の定例会は今月18日まで開かれる予定です。