ロシアから中国へ 天然ガス輸送の初のパイプライン 供給開始

ロシアから中国へ 天然ガス輸送の初のパイプライン 供給開始
k10012199611_201912030819_201912030822.mp4
ロシアから中国へ天然ガスを輸送する初めてのパイプラインが完成し、2日、供給を開始しました。記念式典には、ロシアのプーチン大統領と中国の習近平国家主席がビデオ中継で参加し、両国の緊密ぶりをアピールしました。
このパイプラインは、「シベリアの力」と名付けられ、全長およそ3000キロで、東シベリアのガス田から中国東北部まで天然ガスを輸送します。

中国との国境に近いパイプラインの施設で2日記念式典が開かれ、プーチン大統領と習近平国家主席がビデオ中継で参加し、ロシア側からガスを送り出すと供給開始を祝いました。

このなかで、プーチン大統領は「エネルギー分野でのロシアと中国の戦略的な互恵関係を新たなレベルに引き上げるものだ」と述べて、プロジェクトの意義を強調しました。

また、習主席は「プロジェクトは両国を深く結び付け、相互に有益な協力関係の見本だ」と述べて、両国の緊密ぶりをアピールしました。

ロシアは、このパイプラインによって30年間にわたり、中国に天然ガスを輸出する計画で、供給量は、最大で年間380億立方メートルと、日本の年間消費量の3分の1に匹敵する量にのぼります。

ロシアと中国は、アメリカとの対立が続くなか、軍事や経済などさまざまな分野で関係強化をはかっていて、両国を結ぶ初めてのガスパイプラインは、蜜月関係を象徴するプロジェクトになっています。
ロシアは、パイプラインの建設と東シベリアの天然ガス田の開発に日本円で10兆円とも言われる巨額の費用を負担し、今後30年間にわたって中国に天然ガスを供給する計画です。

一方で、中国は、中央アジアからもパイプラインを通じて天然ガスを輸入し、さらに中東や東南アジアなどからLNG=液化天然ガスを調達していて、ロシア産のガス価格は、安くおさえられるとの見方が出ています。

ロシアの民間コンサルティング会社「ルスエナジー」のアナリスト、クルチヒン氏は、「パイプラインを使った取り引きでは輸入国のほうが立場が強い。中国は安いガス価格を押しつけてくるだろう」と述べました。

そして、自然条件が厳しいシベリアでは資源の採掘や輸送のコストが高くつくと指摘し、「このプロジェクトには経済的な合理性がない。シベリアのガスを中国に売っても利益は生まれず損失がかさむばかりだ」と述べました。

そのうえで、「プーチン政権にとって、中国との巨大プロジェクトは国威発揚のため大きな意味がある。ロシアが対外政策で成功をおさめたと国民に宣伝するだろう。しかし実態としては、巨額の資金が回収不能になる」と述べ、厳しい見方を示しています。