卓球 五輪代表入り確実 張本が帰国「出るだけでなく結果残す」

卓球 五輪代表入り確実 張本が帰国「出るだけでなく結果残す」
東京オリンピックの代表入りが確実となった卓球の張本智和選手が遠征先から帰国し、「出るだけではなく結果を残すことを考えてやっていきたい」とオリンピック本番に向けた意気込みを話しました。
16歳の張本選手は、先月シンガポールで行われた国際大会「T2ダイヤモンド」の結果、来年1月の世界ランキングで日本選手の上位2人以内に入ることが確定し、東京オリンピック、男子シングルスの代表入りが確実となりました。
「T2ダイヤモンド」のあと中国で行われたワールドカップで準優勝だった、張本選手は2日夜、成田空港に帰国しました。

張本選手は「4月から10月ぐらいの間はずっと苦しい時期で満足のいく結果ではなかったが、悪いながらもよく耐えたと思う。代表確実と知った時は少しほっとした。ただ、目標は金メダルなので、出るだけではなくて結果を残すことを考えてやっていきたい」と落ち着いた様子でオリンピック本番に向けた意気込みを話しました。

張本選手の次の試合は、今月12日から中国で開かれるワールドツアーグランドファイナルとなります。

この大会は張本選手が去年、男子シングルスで史上最年少で優勝した大会で「ことし最後の国際大会なのでどんな結果になっても悔いのないようにすべて出し切って終えられるようにしたい」と話していました。