行き過ぎた消費主義は「ウイルス」ローマ教皇 年末商戦過熱に

行き過ぎた消費主義は「ウイルス」ローマ教皇 年末商戦過熱に
ローマ教皇として38年ぶりの訪日を果たしたローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、帰国後、初めての日曜礼拝で、世界各国で年末商戦が過熱していることを受けて、行き過ぎた消費主義は「ウイルスだ」と警鐘を鳴らしました。
クリスマスシーズンに入り、買い物客が増える時期を迎え、欧米を中心に多くの人たちがお目当ての商品をめがけて年末商戦が行われているデパートなどに詰めかけます。

こうした中、ローマ教皇として38年ぶりの訪日を果たしたフランシスコ教皇は1日、バチカンで行われた帰国後初めての日曜礼拝で、「物のために暮らしても決して満足することはない。欲望が膨らみ、それを得られなかった人は常に満たされず怒りを感じる。消費主義は信仰をむしばむウイルスだ」と批判しました。

そのうえで、「消費主義では、持っている物で人生が決まってしまうと信じるようになってしまう」と述べ、行き過ぎた消費主義に警鐘を鳴らしました。

日曜礼拝が行われた1日は、アメリカでどんな店でも売り上げが増えて黒字になるとされる感謝祭翌日の「ブラックフライデー」と、その翌週のネット通販のセール「サイバーマンデー」の間にあたり、フランシスコ教皇は、過熱する年末商戦を戒めた形です。