台風で水没 常磐自動車道の水戸北スマートICが通行可能に

台風で水没 常磐自動車道の水戸北スマートICが通行可能に
ことし10月の台風19号で水没し、通行できなくなっていた、常磐自動車道の水戸北スマートインターチェンジが、50日ぶりに2日から通行できるようになりました。
水戸市にある水戸北スマートインターチェンジは、台風19号による豪雨で、近くを流れる那珂川やその支流が氾濫したためETCの読み取り装置や電源設備などが水没し、台風のあと閉鎖されていました。

東日本高速道路が復旧作業にあたった結果、50日ぶりに、2日から上下線とも通行できるようになり、午後3時に「閉鎖解除」の電光掲示板が点灯すると、次々と車が通行していきました。

東日本高速道路によりますと、水戸北スマートインターチェンジは臨時の装置を取り付けて仮の運用を行っていて、誤って車が進入してしまった場合などは戻れないため、当面、係員を常駐させてトラブルに対応するということです。

東日本高速道路水戸管理事務所の平池俊文副所長は「年末年始は利用客も増えるので、なるべく早くという思いで復旧作業を行ってきました。多くの人に利用してもらいたいです」と話していました。