中曽根元首相の通夜 安倍首相や自民党の幹部らが参列

中曽根元首相の通夜 安倍首相や自民党の幹部らが参列
先週101歳で亡くなった中曽根元総理大臣の通夜が2日夜、東京都内で営まれました。
先月29日に亡くなった中曽根元総理大臣の通夜は、2日午後6時から、東京 文京区の寺で営まれました。

通夜には安倍総理大臣や大島衆議院議長のほか、二階幹事長など自民党の幹部らも参列しました。

これに先立つ自民党役員会で安倍総理大臣は「改めてご冥福をお祈りする。中曽根元総理大臣は憲法改正を一貫して訴えてきた。高い志を受け継ぎながら、政権与党としての責任を果たしたい」と述べました。

また、二階氏は記者会見で「誠に残念だが、国家や党のために活躍いただいた。謹んでご冥福をお祈り申し上げる。後日、お別れの会が開催されることになっており、総理大臣経験者は、過去の例では内閣と自民党の合同葬となるがいつどのような形で開催するかは、今後、ご遺族などと相談する」と述べました。

3日は密葬が執り行われます。