SNSで自殺志願者募り殺害 被告の大学生 嘱託殺人の罪認める

SNSで自殺志願者募り殺害 被告の大学生 嘱託殺人の罪認める
ことし9月、SNSで自殺志願者を募り、連絡してきた女性を東京 池袋のホテルで殺害したとして、嘱託殺人の罪に問われている大学生の裁判が始まり、被告は起訴された内容を認めました。
埼玉県入間市の大学4年生、北島瑞樹被告(22)はことし9月、ツイッターで自殺志願者を募り、連絡してきた36歳の女性を東京 池袋のホテルで首を絞めて殺害したとして嘱託殺人の罪に問われています。

2日、東京地方裁判所で開かれた初公判で、北島被告は起訴された内容に間違いがあるか問われると「ありません」と述べ、起訴内容を認めました。

検察は「被告はことし7月ごろから、SNS上で自殺を望んでいた人に『殺してあげましょうか』などとメッセージを送っていた。被告も教員採用試験のできが悪く、自殺しようと考えていた」と動機について述べました。

また「被害者のほかにも2人の女性との間で殺害する約束をしていたが、約束場所に現れなかったため、実行されることはなかった」と述べて、被告が自殺を望む複数の人とやり取りをしていた状況を説明しました。