妻子殺害事件 元警察官に死刑求刑 弁護側は無罪主張 福岡

妻子殺害事件 元警察官に死刑求刑 弁護側は無罪主張 福岡
おととし、福岡県小郡市で妻子3人を殺害したとして殺人の罪に問われている元警察官の裁判で、検察は「現職警察官が犯した衝撃的な事件だ」として死刑を求刑しました。一方、弁護側は無罪だとしたうえで、仮に犯人だったとしても死刑は回避されるべきだと主張しました。
福岡県警察本部の通信指令課の巡査部長だった中田充被告(41)はおととし6月、小郡市の自宅で妻の由紀子さん(38)と長男で小学4年生の涼介くん(9)、長女で小学1年生の実優さん(6)を殺害したとして、殺人の罪に問われています。

裁判は争点を分けて審理が進められ、前半では検察が「犯人であることは明らかだ」と主張したのに対して、元巡査部長は「身に覚えがない」として無罪を主張しました。

後半は元巡査部長が犯人だとした場合の刑の重さについて審理され、2日は双方が意見を述べました。由紀子さんの母親は「娘の人生、孫たちの成長や夢をなぜ消したのですか。返してください。死刑を望みます」と訴えました。

また検察は「現職警察官が家族3人を殺害した極めて衝撃的で世にもまれな事件だ。強固で確定的な殺意による冷酷かつ残忍な犯行だ」として死刑を求刑しました。

一方、弁護側は仮に元巡査部長が犯人だった場合の意見として、「死刑とそれ以外の刑を分ける大きな要素は計画性の有無だと考えられるが、本件が偶発的、衝動的に生じたことは明らかだ。死刑は回避されるべきだ」と主張しました。

最後に元巡査部長が証言台に立ち、「刑の重さに関しては私から言うことはありません。適切な判断をお願いします」と述べました。

判決は今月13日に言い渡されます。