細胞を心臓表面に吹きつけ血管作る治療法開発 大阪大など

細胞を心臓表面に吹きつけ血管作る治療法開発 大阪大など
病気で弱った心臓の表面に新たな血管を作り出す働きのある細胞をスプレーで吹きつけて、重い心臓病の患者の機能回復を目指す治療法を大阪大学などの研究グループが開発しました。一般的な治療法になることを目指して2年かけて安全性や効果を確かめる治験を行うとしています。
大阪大学の澤芳樹教授らは29日、記者会見を開き、新たに開発した心臓病の治療法について説明しました。

それによりますと、新たな治療法の対象となるのは血管が詰まるなどして心臓の筋肉の細胞が失われる「重症心不全」の患者です。

こうした患者が手術を受ける際に、新たな血管を作り出す働きのある「間葉系幹細胞」を特殊な医薬品に混ぜて、心臓の表面にスプレーで吹きつけるということです。

細胞をスプレーで吹きつけることで、心臓の血流が失われた部分に細い血管が新たに作られ、ブタを使った実験では全身に血液を送り出す心臓の機能が改善したとしています。

研究グループは健康保険が適用される一般的な治療法になることを目指して、2年かけて安全性や効果を確かめる治験を行うとしています。

澤教授は「心機能の低い方の治療成績を向上させる治療法として普及させたい」と話しています。