英人気ロックバンドが世界ツアー中止へ 環境負荷を懸念

英人気ロックバンドが世界ツアー中止へ 環境負荷を懸念
地球温暖化に対する若者たちの意識が各国で高まる中、イギリスの人気ロックバンド「コールドプレイ」が環境への負荷がかかることを理由に世界ツアーを行わないと発表し、話題になっています。
イギリスの公共放送BBCの電子版は21日、「美しき生命」などの楽曲で知られる人気ロックバンド「コールドプレイ」のボーカル、クリス・マーティンさんのインタビューを掲載しました。

この中で、マーティンさんは新アルバムの発表に合わせた世界ツアーについて、
「飛行機による移動がもっとも難しい問題だ」と述べて、温室効果ガスなど環境への負担がないツアーを実現できるようになるまで行わない考えを示しました。
そのうえで、「1、2年かけて持続可能で、環境に有益な形でのツアーの在り方を検討していく」としています。

ロンドンの慈善団体の調査では、イギリスの音楽業界から排出される温室効果ガスは年間40万トン余りにのぼり、このうち最も環境への負荷が高いのは観客の移動だということです。

コールドプレイは前回の世界ツアーで延べ540万人を動員していて、人気バンドとして問題意識を示した形です。

ツイッター上では「すばらしいニュースだ」と賛成する声のほか、「どうやったらバンドが環境に有益になれるんだ」という懐疑的な声も寄せられるなど、話題になっています。

コールドプレイは今月25日にロンドンでチャリティーライブを開き、収益は全額、環境団体に寄付することにしています。