米議会上院 GSOMIAの重要性訴える決議を可決

米議会上院 GSOMIAの重要性訴える決議を可決
日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効が迫る中、アメリカ議会上院はGSOMIAの重要性を訴える決議を可決し、韓国に対してGSOMIAを維持するよう求めました。
アメリカ議会上院は、21日、日本時間の23日午前0時に失効が迫るGSOMIAの重要性を訴える決議を全会一致で可決しました。

決議では、GSOMIAがアメリカと同盟国の国益を守るのに欠かせないとしたうえで、失効すれば、アメリカの安全保障に直接、悪影響を及ぼすなどとして、GSOMIAを維持する必要があるとしています。

決議には法的な拘束力はありませんが、議会上院としては日韓関係の悪化に懸念を示し、韓国にGSOMIAの維持を求めるとともに、日韓両国に問題の解決に向けた対話を促すのねらいです。

決議案を提出した与党・共和党のリッシュ外交委員長は、今回の可決を受けて声明を発表し「日米韓3か国は北朝鮮、中国、ロシアという脅威に対抗するため、結束しなければならない。韓国に対しては、GSOMIAを維持するよう求める」と訴えました。