IR整備計画 申請受け付け期間は再来年1月~7月

IR整備計画 申請受け付け期間は再来年1月~7月
カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備について観光庁は、自治体から整備計画の申請を受け付ける期間を再来年1月から7月までとする方針を公表しました。誘致を目指す自治体では、事業者の選定や計画の策定作業が本格化することになります。
カジノを含むIR=統合型リゾート施設について観光庁は誘致を目指す自治体に準備状況を聞くなどした結果、整備計画の策定には一定の時間が必要だとして、計画の申請期間を再来年1月4日から7月30日とする方針を公表しました。

観光庁はこの日程を盛り込んだ基本方針の案について来月18日まで国民から広く意見を募ったうえで来年1月末までに正式に決定したいとしています。

施設を整備するのは、国内で最大3か所とされていますが、観光庁のアンケートでは、北海道、千葉市、東京都、横浜市、名古屋市、大阪府と大阪市、和歌山県、長崎県の8つの地域の自治体が整備計画の申請を予定しているか、検討しています。

こうした自治体では再来年の申請に向けて施設を運営する事業者を選定したうえで整備計画の策定作業に入ることになります。