窓ガラス割られ遺体に複数の刺し傷 殺人事件で捜査 愛知 岡崎

窓ガラス割られ遺体に複数の刺し傷 殺人事件で捜査 愛知 岡崎
19日午前、愛知県岡崎市のマンションの部屋で1人暮らしの49歳の男性が血まみれの状態で死亡しているのが見つかりました。遺体には複数の刺し傷や切り傷があったほか、ベランダの窓ガラスの鍵の周りが割られていて、警察は殺人事件として捜査を進めています。
19日午前10時前、岡崎市日名本町のマンションの3階の部屋で、この部屋に1人で住む河原薫さん(49)が血まみれの状態で死亡しているのを訪ねてきた母親が発見しました。

警察の調べによりますと、河原さんはリビングの床に布団がかけられた状態で死亡していて、体には複数の刺し傷や切り傷があったということです。

また、玄関には鍵が掛かっていましたが、ベランダの窓ガラスの鍵の周りが割られていたということです。

母親が河原さんと会ったのは先月31日が最後で、ここ数日、連絡がつかなくなっていたのを不審に思って訪ねてきたということです。

警察は遺体の状況などから殺人事件と断定して捜査本部を設置するとともに、マンションの周辺などで不審な人物を目撃した人がいないか捜査を進めています。