グーグル 渋谷にスタートアップ企業の支援拠点開設

グーグル 渋谷にスタートアップ企業の支援拠点開設
アメリカのIT大手グーグルは、創業してまもない日本のスタートアップ企業に技術的なアドバイスなどを行う拠点を東京 渋谷に開設し、来日したスンダー・ピチャイCEOは技術革新につながることに期待感を示しました。
グーグルは、日本のスタートアップ企業を支援するための拠点として、渋谷区にある日本法人の社内に作業スペースや会議室などを設け、社員らが経営やAI=人工知能などの技術について研修やアドバイスを行う体制を整えるということです。

また、起業家を集めたイベントなどでもこの拠点を活用するということです。

まずは来年2月から3か月間、この拠点で企業向けに無料で研修を行う予定で、AIを活用したビジネスを展開する企業12社を全国から募集します。

来日したグーグルのスンダー・ピチャイCEOは記者会見で、「日本のスタートアップ企業が成長するための支援を積極的に行っていきたい。来年、オリンピックを開催することで生まれる技術革新を継承していくために、この拠点が活用されることを期待したい」と述べました。

グーグルがこうした拠点を設けるのは、ロンドンやマドリードなどに続いて世界で7か所目で、日本の起業家と海外で成功しているスタートアップ企業の経営者らを結び付けるなどして事業展開を後押ししたい考えです。