日韓GSOMIA 梶山経産相「韓国側の主張は全く受け入れられず」

日韓GSOMIA 梶山経産相「韓国側の主張は全く受け入れられず」
今月23日に失効する日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAをめぐって、韓国側が日本が輸出管理の強化を撤回すれば、破棄の決定を再検討する立場を示していることに対し、梶山経済産業大臣は韓国側の主張は全く受け入れられないという考えを改めて示しました。
日韓の軍事情報包括保護協定は韓国側の破棄の決定で、今月23日に失効します。

失効を前に、日本とアメリカは韓国に破棄の決定を見直すよう求めていますが、韓国側は日本が輸出管理の強化を撤回すれば、破棄の決定を再検討する立場を示しています。

これについて梶山経済産業大臣は19日の閣議のあとの記者会見で「GSOMIAとは全く次元の異なる問題だ。そもそも他国と協議して決定するような性質のものではない」と述べ、韓国側の主張は全く受け入れられないという考えを改めて示しました。

そのうえで措置の見直しには、韓国側の貿易管理体制の改善や、以前は定期的に開かれていた、貿易管理の当局間での対話の再開などが必要だという認識を示しました。